ハッピーエッセンス

【2017年度】園だより 10月号
バックナンバーに戻る
土曜日の運動会が、雨の為日曜日に延期させて頂きました。
保護者の皆様皆様が、延期を快く受け入れて下さり秋晴れの日曜日に、盛大に開催できました。
心より感謝申し上げます。
今年は、0歳から5歳までいのやまっ子全員参加の運動会でした。
子どもの成長がとても良くわかって頂けたのではないでしょうか。
常日頃、先生たちに、伝えている事があります。「教育とは日常に有り」という事です。
日々の生活の中で身に付けていく言葉や所作、子ども達のかかわりの中で育っていく良知、そこで思考する善悪、これらが積み重なって育っていきます。
いのやまの行事は、日常に身に付けた事を更に良質にする為に行なっております。
運動会が目的地点ではないという事です。
それでも、子ども達の頑張りは凄かったと思いますよ。
いつも、子ども達に質問します。
「普通の姿と最高の姿、お家の皆さんに見て頂きたいのはどっち?」
答は、「最高の姿‼️」そうなんですね。
子ども達は皆、ご両親に喜んで貰いたい、認めて貰いたい、褒めて貰いたい、のです。
あの日、ご家庭にお帰りになり食事をしながら、運動会の話に花が咲き、沢山褒めてもらい、自慢げに嬉しそうに笑っている子ども達の顔が浮かんできて、
いのやまの先生たちは、皆幸せな気持ちで深い眠りについた事だと思います。もちろん私も、早々に休ませて頂きました。
10月は、親子で一緒に楽しんで頂く秋祭りがございます。
お天気に恵まれると良いですね。ひとつ気になる事が有りましたので書かせて頂きますね。
年長組の組体操の時に、保護者の皆様のお喋りの声が結構聴こえてきていました。
子ども達は、真剣に取り組んでおります。先生はハラハラしながら必死で見守っています。来年は、お喋りしないで見てあげて下さい。我が子が頑張っていると思って応援してあげて下さい。  どうぞよろしくお願いいたします。

子ども等の  競技は笑顔で応援し 保護者参加は ハラハラドキドキ
 
組体操  砂払いたい手我慢して 太鼓の音に耳すます子等

園長 森 往子