ハッピーエッセンス

【2017年度】園だより 6月号
バックナンバーに戻る

5月の風は、仕事の忙しさや、歳をとることの不安な気持ちを忘れさせてくれる心地よさ!
我が家の庭には、カラーの花が三輪、名前の知らないハーブ、など咲いています。
新学期から二ヶ月が経ちました。漸く園全体が落ち着いて来たような気がします。
ご家庭ではいかがですか?
プールも始まりました。今年は、中村豪先生に指導をしてもらいます。
今年は、多少の職員の入れ替わりが有りましたが、本当に、みんなで協力して、頑張ってくれているので、嬉しいです。子ども達の毎日が楽しくて、嬉しくて、元気いっぱいで、事故の無い事が何より大切な事
ですね。

いつも保護者の皆様にお願いしている事で、子ども達の言葉使いが有ります。子どもが言葉を覚えるのは、私は生まれて来たその時からのような気がします。家族がお互いに綺麗な言葉を使うことを当たり前に
されている家庭のお子さんは、穏やかで、綺麗な言葉を話します。
又、忙しかったりすると、毎日子どもと一緒におりますから子どもが要求しなくとも先手を打って、
しっかりと話を聞かずに要求を満たしてしまいます。そうすると子どもは、言葉を使う機会が少なくなり
ます。少し残念ですが、そのような時は、心配せずに沢山本を読んであげたり、おやすみの時には話を
してあげましょうね。
大変だからという理由で、ゲームや汚い言葉や、乱暴な言葉のテレビは、見せるのを禁止して頂きたいです。

先月の園だよりでも、なんだか同じような事をお願いしたような気がしますが、言葉の乱れは、心の乱れ
につながります。
私たち大人が、綺麗な言葉を話していれば、おのずと子ども達は綺麗な言葉を使います。

以前の勉強会で、デザイナーのコシノジュンコさんのお話の中で話された事ですが、コシノさんの
お子さんには、言葉を綺麗にして近くにお食事に行く時も、身なりを整え、それなりの場を経験させた
そうです。何事も、わきまえる、、、という事でしょうね。
身を美しく=躾
をしてあげることが、家庭の教育、子どもへの愛情だと話されておりました。
ビックな方のお子さんだからと聞き逃さずに、自分の事として考えることが大切だと思いました。

残すところ3日で、6月になりますね。
梅雨が来て、梅の収穫、じゃが芋掘りと、大忙しの季節がやって来ます。暑さも加わります、体調管理
よろしくお願いしますね!

    産まれ来て     初めて耳にする母の    こ.と.の.は.嬉しき   愛に溢れて   

    育ちゆく         国の宝ぞ 愛し子の     輝く瞳  美しきかな
                                                園長 森 往子