ハッピーエッセンス

【2016年度】園だより2月号
バックナンバーに戻る

造形展を明日に控えて、先生達はガンバって子ども達の1年間の成長の足跡を展示しています。この造形展の展示を見て 回ると、クラスの特徴、先生の性格、子どもの姿が、見えて来ます。それぞれに、何とも言えない雰囲気があり見入ってしまいました。
保護者の皆様と子ども達の楽しそうな姿と会話を想像して、とても嬉しくなりました。
造形展が終りますと発表会に向けて練習が始まります。
今年は音楽会と発表会が逆になりましたが子ども達と先生達は共に心を合わせて取り組みます。子ども達にも先生にもお家の皆さまに喜んでもらいたい一心さが表れていて 練習に取り組む姿は、胸を打ちます。本当に練習の様子を見て頂きたいなぁと思うこともありますが、……。楽しみにしていて下さいね。

ところで、今年は各方面で、餅つきが中止になったと聞いております。残念です。いのやまは、しっかり管理して続けて行きますよ。チョットした事を大きな問題にしてやめてしまったらこれからの社会は、どんな社会になってしまうのでしょうね。教育は、日常の中道行く人ので学ぶ事が多いと思いますが、文化も伝統も日常から学ぶ事が出来るようにして行きたいですね。まだまだ、寒い日が続いています。インフルエンザや風邪などひかれませんように気をつけてお過ごしくださいね。

餅つきの    ヨイショ、ヨイショの掛け声に    道行く人の笑みをさそいて

造形展   作品の出来が良すぎると    我が子の作と信じない親

園長  森 往子