ハッピーエッセンス

【2015年度】20歳になった君たちへ
バックナンバーに戻る

平成27年3月18日(水)君たちは、いのやま幼稚園を卒園して行きました。二十歳になった君たちは、今、どんな毎日を
過ごしていますか?

大学や専門学校で学んでいる人、あるいは社会人として頑張って働いている人。それぞれの道を歩んでいる事でしょう。

君たちがいのやま幼稚園に入園して来た年は、東日本大震災の
1年後、日本中がまだ哀しみから立ち直れない日々を過ごして
いました。そんな大人達の折れてしまいそうな気持ちを知って
いたのか、キラキラ輝く瞳と百万ドルの笑顔を私たちに
プレゼントしてくれました。

覚えていますか…?

毎日、毎日頑張った体育ローテーション。
どんなに暑くても、どんなに寒くても、君たちは歯を食いしばり頑張り続けました。運動会がんばったね。
お泊り会のカレーライスは美味しかったね。そして秋祭りの
お手伝いや発表会の練習、お餅つきの「ヨイショ!!」のかけ声、いつも君たちに大きな力をもらっていました。
本当に格好良かったです。


『 和 敬 清 寂 』
和 = みんなと仲良く            敬 = 感謝の心
清 = 心と身体を清らかにする    寂 = 我慢する

おうちの方をお招きしてお茶会を開き、裏千家のお家元から
・おしるし・を頂きましたね。抹茶の味とお菓子の味を覚えて
いますか?
3月にはいのやま幼稚園初の鎌倉芸術館での音楽会が行われ
ました。「空より高く」「その人」「栄光への架け橋」凄かった!
格好良かった!感動した!感動し過ぎて涙が止まらなくなった。
君たちは『言葉と作法』を学んで、人として大きく成長した
ことや、何よりも素晴らしい家族に愛情いっぱい注いで育てて
頂きました。そのお陰でどんなに大変な事も、辛いことも、乗り越えて行ける強くたくましい心と身体を創ることが出来ました。
いつまでも持ち続けて下さい。ご両親様や祖父母様への感謝の
気持ちを…。

私は今、78歳になりました。君達から希望と勇気と元気という【未来】をもらったので、今でも元気に頑張っています。
会いに来てくださいね。嬉しい事が有った時、辛い時、悲しい時、くじけそうな時、どんな時にも待っています。会いに来てくれる日を楽しみに待っています。

感動は人を変える。 笑いは人を潤す。 夢は人を豊かにする。
そして感動し、笑い、夢を抱くことが出来るのは
人間だけである。

2029年3月吉日 いのやま幼稚園 卒園児応援団長
森 往子