ハッピーエッセンス

【2014年度】20歳になった君たちへ
バックナンバーに戻る

成人おめでとう。いのやま幼稚園を巣立って成長した君達は今、どんな人生を送っていますか?

大学や専門学校で学んでいる人、あるいは、社会人として頑張って働いている人、それぞれの道を歩んでいる事でしょう。

覚えていますか?卒園式に「大きくなったら」を発表した事、大きな声で発表できた子、中々言えなくてドキドキしている子、今でもあの時の君達の姿を思い出します。

君達は、いのやま幼稚園で、体育ローテーションや茶道を行った最初の子ども達でした。体育ローテーションの音楽が流れると第一園庭から、第二園庭にものすごい勢いで走っていく君達の姿は、見ている私にとって言葉にできない程の大きな未来への希望でした。
君達が卒園を迎えた時の3月11日は、東日本大震災の3年目だった事も忘れられません。

教室の壁にいのやま幼稚園の教育理念
「日本人としての清らかさ、美しさを身につけ
逞しくそして優しく生きる力を育む」
覚えていますか?

 


日本人としての清らかさ、美しさを身につけて欲しいと茶道のお稽古に取り組み、君達は、「和敬清寂」のお軸の意味も学びました。

お泊り保育のカレーライス作りや、お別れ遠足のランチバイキング、金メダルに輝いた音楽会などなど思い出は数え切れない程です。
そして、思い出して欲しい事があります。未来を創る君達の為に、毎日、毎日、汗を流し計画をたて、準備をして下さった先生方のこと、「朝の会」で毎日読んだ『言葉と作法』の教科書そこに書いてあった「家族は最高の宝です」という詩、そして君達を大切に大切に愛情を注ぎ育てて下さったご両親様や祖父母様への感謝の心。

私は今年、77歳になりました。君達から希望と勇気と元気という『未来』をもらったので、今でも元気で頑張っています。会いに来て下さいね。辛い時、悲しい時くじけそうな時嬉しい時どんな時にも待っています。いつでも皆さんに会える事を心より楽しみにしています。

 

2028年3月吉日
卒園児応援団団長 森 往子