ハッピーエッセンス

【2016年度】園だより7月号
バックナンバーに戻る

どんよりとした梅雨空が、気持ちを憂鬱にしていますが、この時期があってこそ、夏野菜や果物などの実りを豊かにしてくれているのですから、自然の営みの大切なこととして受け止めなければなりませんね。
梅がたくさん実りました。子ども達が持ち帰った梅はもう、美味しいジュースになりましたか?  各クラスでも先生と一緒にジュースを作っておりますが、大分出来てきましたよ。

今年は、お母様方に梅干し作り教室を開催しました。お料理教室で指導してくださっている、日高先生の梅干し作りです!!とても簡単で手軽な梅干し作りだそうですよ。(*^o^*)
私は、今年2瓶で14キロの梅干し作りを行いました。梅は漬け始めたら毎年恒例にするのが良いと言われておりますね。幼稚園では、職員が毎年梅干し作りを行います。随分前から、私の指導で始めた梅干し作りです。今では職員だけで美味しい梅干しを作ってくれます。
こうして大切な事が、若い人に伝わって行く事の大切さ……。今の日本に足りない事の一つのように思いますが、皆様はどのように思われますか?尚、参考までに…。申年に梅干を漬けると良いことばかり残って悪いことは去る(サル)だそうです。申と去のゴロ合わせですが。

日本が、大切にしてきた文化、伝統、しきたり、そして衣食住、便利になったというよりも楽な方に、楽な方にと時が進んで、失くしてしまった事の多さに愕然としますね。特に食事に関しては、悲しい限りです。
食事の大切さは、「いのやま」が特に大切にしていることです。子どもは勿論のこと、人の身体は、口から入れた食べ物で造られます。身体の調子の良し悪しも健康な身体も、脳や心も、バランスのとれた食事によって造られます。皆様にとっては、わかりきっている事だと理解していますが、書かせて頂きました。
丁寧に、家族の身体と心を想いながら料理を作ることは、大変な日もありますし、直ぐに結果が出ない事もありますが、どうぞ日本の宝物、子ども達の為に頑張って下さいね。よろしくお願いいたします。ジメジメした毎日です。体調を崩したりなさいませんように、気を付けてお過ごしください。

梅雨空で    お茶のお稽古 子ども等は    一人 ひとりが     花咲かせおり

梅の香を    感じて子らの表情に    うっとりほっこり  優しさ魅せて
                                                園長 森 往子