いのやまの教育・保育

農園とビオトープ

豊かな自然の中で子どもたちが四季折々の遊びや農園活動を経験し、自然の素晴らしさや命の大切さを感じ、生きる力の土台を育んでほしいと願っています。
農園では苗植えや栽培、収穫を通じての食育活動を行っています。

元気な体を育む体育・水泳指導

子どものの体力向上と体幹を鍛えるために毎朝ランニングと体操をします。
さまざまな運動に挑戦し積み重ねて行うことで、継続する事の大切さやチャレンジする気持ちを育みます。

室内温水プールでの水遊びと水泳指導
5月〜10月まで、室内温水プールで水遊びを楽しむことから、遊泳指導を行っています。

造形・音楽・表現遊び

造形表現

日常の生活の中から子どもたちが感じたこと・表現したい事を造形・描画・様々な素材を使って表現する楽しさを知り、子どもの遊びが想像力の育ちにつながるような経験を重ねていきます。

音楽表現活動

楽器や身近な道具を用いて音楽やリズム遊びを楽しんだり、身体を動かしながら表現遊びをする中で、友達とイメージを共有したり、協同的な遊びが展開するように配慮しています。

礼法・茶道指導と立腰

言葉と作法

正しい音読によって、美しい道徳を身に付けます。
挨拶、返事、言葉遣いから生活習慣や食生活そして家族の大切さ、伝統行事等日本人として当たり前の事が当たり前に出来る人へと幼児期からの道徳教育を大切にしています。

茶道

茶室には「和敬清寂」というお軸が掛けられています。
茶道の心を伝えると共に、日本人が今までに大切にしていた事を茶道を通して学びます。所作に集中力を必要として身体に芯の通った姿勢や座り方を意識します。

立腰(りつよう)

立腰とは、腰骨(こしぼね)をいつも立てていることです。
猫背だと肺や内臓を圧迫します。立腰をすれば、脳をはじめ、全身に酸素が送り込まれるので、やる気になり、集中できます。
しかも疲れにくいので、集中力が持続します。
立腰することで、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現することができます。
また、何事も素直に吸収して自分の力に変えることができるようになり、幼児のうちに身につければ、それは一生の宝物となります。

履物を揃える

履物を揃えるとは、自分で後始末をきちんとする習慣です。
使ったものをしっかりしまう、物事の締めくくりをきちんとすることに通じます。
そして心も揃います。

はきものを そろえると 心もそろう
心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと
はくときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら
だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと
世界中の 人の心も そろうでしょう

藤本幸邦

英会話

正課指導で週1回。えいごでのリトミックやゲームを取り入れて楽しく英語と異文化に触れる時間です。

いのやまの教育・保育

遊び・元気な身体づくり

リトミック

音楽に合わせて動物に変身しながら、全身運動をします。
2歳からは、鉄棒にぶら下がったり器具を使った運動を取り入れています。

お散歩

近隣の公園に、お友だちと手をつないでお散歩に出かけます。ダンゴ虫探しやどんぐりひろいなど自然に触れて遊んでいます。2歳になると片道15分くらいの公園にも出かけ、でこぼこ道や斜面を使って遊んでいます。

造形表現

様々な素材を使い表現する楽しさを感じられるように…遊びの一環として造形を取り入れています。

水遊び

"水って気持ちがいいね""水っておもしろいね"そんな言葉を交わしながら先生やお友達と思いっきり水で遊んでいます。

生活・排泄トレーニング

トイレトレーニング

排泄をおむつだけでするのではなく、シャワーの時や、おまる、トイレなど外にする気持ち良さを味わいます。そして「トイレって楽しい!」「おしっこが出たらうれしい!」と感じられるように環境を整えています。

食事

"みんなで食べると美味しいね!"楽しい雰囲気の中でおいしく食べることを大切にしています。様々な食材や味を知ったり基本的な食事の作法も身につけられるようにしています。

着替え

"自分でやりたい(でも、上手に出来ない)"が"自分で出来た!!"という喜びに変わった時が自立の第一歩。出来た時の喜びを積み重ね大きな自信につなげます。